土佐神社
社殿 御祭神 由緒地 境内略図 年中行事 御祈願・御案内


土佐神社便り


しなねの森への誘い


元亀元(1570)年長宗我部元親公の再建御建立の現社殿(国重文)は入母屋造りの前面に向拝を付けた本殿とその前方の十字形をなす幣殿、拝殿、左右の翼、拝の出からなります。十字形の屋根は交差した部分が重層切妻であり、他は単層切妻です。弊殿を頭とし、尾に相当する拝の出を長くした十字形で、本殿に向かってとんぼが飛び込む形にみたてたいわゆる入蜻蛉形式で、凱旋を報告する社という意味があると言われています。

-摂社-大国主神社 西御前社 事代主神社

本殿西に奉斎、御祭神は福徳円満の神として信仰されています。

-末社-厳島神社

鼓楼の東、放生池中央の島に奉斎し御祭神は、市寸嶋姫命・多紀理毘売命・多岐都比売命、諸病平癒、緑結の神として信仰されています。