土佐神社
社殿 御祭神 由緒地 境内略図 年中行事 御祈願・御案内

 

●しなね祭 (八月二十四日・二十五日)●

八月二十四日・二十五日の両日を通して斎行されるしなね祭は当社の最も重要な祭典であり、
土佐三大祭の一つです。
神恩を感謝し、御国の隆昌と世の中の平和を祈願するもので、
多くの参詣者で賑わっています。

八月二十四日 午前六時/忌火祭  午後八時/宵宮祭
  二十五日 午前十時/しなね祭 午後三時/神幸祭

神楽や太鼓の奉納等の神賑行事なども行われ、
二十四日の夕刻には、夜店が軒を並べ夜遅くまで賑わいがありあます。


特別授与品 お松明(おたいまつ)

二十四日午前六時忌火祭によって戴いた忌火は、かがり火に移され二十五日夕刻まで絶やさずともされます。この忌火に松明をかざして持ち帰り、魔除けとする特殊信仰があります。これは、御神幸のみこしの行列に、オオカミが襲いかかったが、松明をふりかざし、追い払ったという故事によるものです。

しなね様の語源について

旧暦七月三日の祭です。しなねの語源は諸説あり、七月は台風吹き荒ぶことから風の神志那都比古から発したという説、新稲がつづまったという説、さらに当社祭神と関係する鍛冶と風の関連からとする説等があります。

神幸祭り(神輿渡御)

午後三時から御神幸が始まります。古代には神の船遊びと呼ばれ、須崎市浦ノ内湾の鳴無神社(須崎市浦ノ内東分)へ海路渡御しましたが、しばしば海難に遭ったためとり止められ、江戸時代には、高知市五台山北岸に小一宮という御旅所が設けられて船渡御しました。さらに明治13年当社南方一本松にお旅所を建立それ以来徒歩にて御神幸が行われています。